個人間で車の売買をする際に気を付けるべき点

乗らなくなった車を手放そう

業者を通さなくても車を売却できる

オークションのメリットは、自分で価格を設定できる面です。 車を売る時は、なるべく大きな利益を得たいと考えている人が多いでしょう。 それなら、オークションで売却してください。 価値がある車だと思われれば、少しぐらい高額な価格を設定していても売れます。

実際に車を見てもらおう

オークションサイトで車を売る際は、写真を掲載すると思います。 しかし写真だけでは、どんな車なのか伝わりにくいです。 トラブルを起こさないために、買い手が見つかったら契約する前に、車を実際に見てもらいましょう。 見てもらって相手が納得したら、取引を進めてください。

絶対必要なものがある

車を売却する際は、必ず書類が必要になります。 これは業者に売る際も、ネットオークションで売る時も同じです。 買い手が見つかってすぐ取引を進められるよう、事前に書類を用意しておきましょう。 意外と書類の数が多いので、用意し忘れないよう注意しましょう。

自分で価格を設定しよう

もう必要ないと思った車は、売るのがおすすめです。
車は所有しているだけで税金が発生するので、乗らない車を持ち続けることはおすすめできません。
中古車を扱うお店に行かないと、車を売れないと考えている人が多いでしょう。
しかしオークションサイトなどを使うことで、車を個人間でも売ることができます
オークションに車を出品する際は、自分で価格を設定できます。
損しないためには、見積もりの価格より少し高めに設定しておきましょう。

欲しい人が見つかっても、すぐ取引を進めないでください。
トラブルを回避するために、車を実際に見てもらいましょう。
すると、相手が購入してから、イメージと異なっているから返品したいと言われる事態を避けられます。
相手が車を見て、納得してもらえたら売却してください。
また、名義変更を忘れないでください。
所有しているのは購入した人なのに、名義が自分になっていると、請求書などが自分に届いてしまいます。

相手が納得したら、書類を用意してください。
必要な書類を揃えていないと、車を売却することができません。
どんな書類があればいいんか調べて、事前に用意しておくと安心ですね。
車が売れてから書類の種類を調べて用意していると、時間がかかります。
相手は、早く車を購入したいと考えているかもしれません。
スムーズに取引できないのであれば、買うのをやめようと考える人もいます。
書類の入手方は、種類によって変わるので確認してください。

おすすめリンク

事故車もOKな買取店

動かない車や事故車もOK!車なら何でも買取してくれる店舗はココだけ!見積もり依頼も可能です